どっちがお得?リフォームするか建て替えるか

築年数が嵩んできたら

どんな家でも長く住んでいれば劣化してくるものですよね。その際、家にガタがきて生活に支障をきたしているのであれば、リフォームをするか建て替えるのかどちらかを選択しなければいけません。家の一部、または全部が新しくなるわけだから、どちらにしても生活は向上するものですね。しかしリフォームをするべきか建て替えてしまうべきかの問題は、それほど簡単には解決できないものかもしれません。どちらにも一長一短があるからです。

構造の状態がポイント

リフォームすべきか建て替えるべきかの判断は、構造の状態をよく見て決めるべきものです。たとえば、建物一部をリフォームしたとしても、その箇所の寿命は延びるかもしれませんが、構造上の寿命が短ければ結局は何度もリフォームを重ねていくことになってしまいます。たとえば鉄筋造りに比べて木造建築は劣化が早いと言われています。木造の場合は、建物の一部をリフォームしても、構造自体の劣化が早いために結局後になって建て替えしなければいけないなんてこともあったりします。

木造か鉄筋造りかで変わる

リフォームするか建て替えるかの問題は、建物の構造が大きく関わってくるということはわかりましたね。したがって、簡単に行ってしまえば、木造建築の場合は思い切って建て替えをしてしまった方がお得だということが言えるわけです。いっぽう、鉄筋造りの場合は構造自体はしっかりしていますから、リフォームの方が利益が多いと考えられるのです。もちろん、鉄筋造りであっても築年数によっては構造がダメになっている場合もあります。なので念のために構造の状態をプロに点検してもらってから検討するのが良いでしょう。

水回りのリフォームを立川で依頼したい場合は安心です。工務店や建築会社がたくさん存在していますので、選び甲斐があります。