知って得! 外壁塗装リフォームのタイミング

どうして塗り替えが必要なの?

なぜ、外壁塗装を塗り替えなければいけないのでしょうか。簡単に言うと、清潔さを保つ、紫外線を防止する、外壁自体のダメージ蓄積の防止の3つでしょう。住宅に耐用年数があるように実は、外壁塗装にも耐用年数があります。木造住宅の耐用年数が20年程度なのに対して、外壁塗装の耐用年数は5年から6年と短い期間で寿命を迎えてしまいます。放置したままにすると、紫外線や風雨などによって劣化が激しくなり、雨漏りの原因になったり、最悪の場合住宅自体の構造が脆くなり倒壊の要因にもなりかねません。やっぱり、放置って怖いですね。

外壁塗装のリフォームのタイミングは?

タイミングとしては、耐用年数をむかえる頃がベストですが、その年の天候や環境によって耐用年数以上持ち続けてたり、急速に劣化が進行したりと住宅によって差が生まれます。では、どのようなタイミングでリフォームすればよいでしょう。外壁がモルタルの場合、ひび(クラック)が生じたとき、藻やカビが生えたりしたとき、塗装した部分がところどころはがれ落ちているのが目立ったときなどが、リフォームするにはいいタイミングです。このようなことが起きているのであれば、検討するのが良いでしょう。

リフォームの最適な時期って?

塗装の劣化は、まず外壁の鮮やかさが無くなって変色し始め、次に表面が粉っぽくなり、ひびが入ったりコケが生える、最後には塗装自体剥がれるといった順番に劣化が進行します。早め早めで対処するのが良いですが、費用や施工期間なども考えて、ひびが入ったりコケが生えた段階でリフォームするのが最適でしょう。また、予防策のような話ですが、小さなひびや色褪せぐらいなら個人的な手入れによって劣化の進行を遅らせることができます。リフォームを一気に行うには、外壁の交換や下地処理などで費用がかかります。小さな損傷を見逃さずに手入れすることでリフォーム時の費用を圧縮することができます。やっぱり、家にも手入れは必要ですね。

外壁塗装を千葉で行う際には、利用者からの評判が特に良い業者を選ぶことで、安心して依頼することができます。