分譲だけじゃない!?いろいろあるマンションの形式

マンションの提供形態について

マンションと聞くと想像されるのは分譲マンションというのが圧倒的に多いですが、実際には分譲だけではなく賃貸形式や家賃を一週間単位で払うことができるマンションなども存在します。マンションは集合住宅ならではのメリットも多いのでマイホームに選ぶ方も多くなっています。提供形態については用意できる予算に合わせてあるいは自分の使い方に合わせて選ぶのがよいでしょう。マンションは臨機応変に様々な提供形態があります。

まずは定番の分譲マンション

定番の提供形態が分譲による提供です。分譲の場合には一括で住宅の代金を支払うことも可能ですがほとんどの場合ローンを組んで買うことになります。ローンを組むと月々の給与からどんどん返済していくわけですが、返済年数が20年や30年など任意の年数で選ぶことができるので、毎月徐々に無理なく返済していきたい方には便利です。分譲では自分の資産にカウントされますので毎年固定資産税などを納める必要があり修繕積立金なども支払う必要があります。

賃貸形式のマンション

賃貸形式では月々決められた賃料を家主あるいは管理会社に支払うことになります。賃料は立地やその場所の家賃相場によって違いがあり、マンションの形式がファミリー向けなのか単身向けなのかによっても賃料に高低があります。賃貸形式のマンションは郊外や都市部など様々な場所に立地しているので、転勤が頻繁にある方や住宅費用を抑えたい方に適している住宅です。賃貸マンションでも管理費用などは支払う必要がありますので利用する際は事前に確認しましょう。

函館のマンションは、鉄筋コンクリートで造られていて頑丈な造りになっているので大きな地震が起きても安心です。