塗料を替えるだけで耐久性アップ!外壁塗装の代表的な塗料3選

アクリル系塗料の特徴

建築されてから年月が経ち、マイホームの外壁に傷みや汚れが目立つようになって、リフォームを検討されている方も多いのではないでしょうか。こまめにメンテナンスをしていても、風雨や紫外線にさらされる外壁にはダメージが蓄積され、ひび割れや剥がれが発生します。ひび割れや剥がれた外壁を放置すると症状は悪化するので、ダメージを発見したら素早く補修することが大事です。外壁のリフォームではアクリル系塗料で補修することが一般的です。アクリル系塗料は発色が良いことが特徴で、外壁の美観をよく見せることに優れていることから重宝されていて、外壁塗装に用いられる塗料の中でも安価な部類に入るため、リフォーム費用を抑えたい場合に向いています。

ウレタン系塗料の特徴

アクリル系塗料と並んで外壁塗装に用いられることが多いウレタン系塗料は、粘度が高く密着性に優れているため、細かい部分の塗装に向いています。木材だけでなくプラスチックや塩化ビニールにも塗装できるため、外壁だけでなく雨樋や水道の配管など使用用途が広いのが特徴です。耐用年数も約10年と長く、一度塗布すれば長期間効果が持続するために、現在、住宅リフォームで外壁塗装をする場合に用いられる塗料としてスタンダードになっています。

シリコン系塗料の特徴

外壁塗装のスタンダードになっているウレタン系の塗料でも耐用年数は約10年で、10年経過すればまた塗装し直さなくてはいけないのです。1回の外壁塗装でもっと長期間効果が持続する塗装はないのかと思いませんか?シリコン系塗料は耐用年数が約15年と、一般住宅の外壁塗装に用いられる塗料の耐用年数としては最長の部類です。雨風や紫外線に強いのは勿論、約600度の耐熱性も持ち合わせているため防火効果もあります。1回の外壁リフォームで効果を長続きさせたい場合は、シリコン系塗料での外壁塗装が最良の選択です。

アパート塗装なら千葉をおすすめします。たくさんの塗装業者が存在していますので、施工例や料金を確認して選べるからです。