Archive For 2015年7月31日

分譲だけじゃない!?いろいろあるマンションの形式

マンションの提供形態について

マンションと聞くと想像されるのは分譲マンションというのが圧倒的に多いですが、実際には分譲だけではなく賃貸形式や家賃を一週間単位で払うことができるマンションなども存在します。マンションは集合住宅ならではのメリットも多いのでマイホームに選ぶ方も多くなっています。提供形態については用意できる予算に合わせてあるいは自分の使い方に合わせて選ぶのがよいでしょう。マンションは臨機応変に様々な提供形態があります。

まずは定番の分譲マンション

定番の提供形態が分譲による提供です。分譲の場合には一括で住宅の代金を支払うことも可能ですがほとんどの場合ローンを組んで買うことになります。ローンを組むと月々の給与からどんどん返済していくわけですが、返済年数が20年や30年など任意の年数で選ぶことができるので、毎月徐々に無理なく返済していきたい方には便利です。分譲では自分の資産にカウントされますので毎年固定資産税などを納める必要があり修繕積立金なども支払う必要があります。

賃貸形式のマンション

賃貸形式では月々決められた賃料を家主あるいは管理会社に支払うことになります。賃料は立地やその場所の家賃相場によって違いがあり、マンションの形式がファミリー向けなのか単身向けなのかによっても賃料に高低があります。賃貸形式のマンションは郊外や都市部など様々な場所に立地しているので、転勤が頻繁にある方や住宅費用を抑えたい方に適している住宅です。賃貸マンションでも管理費用などは支払う必要がありますので利用する際は事前に確認しましょう。

函館のマンションは、鉄筋コンクリートで造られていて頑丈な造りになっているので大きな地震が起きても安心です。

作っていく過程をも楽しむもの!注文住宅とは

注文住宅は手間がかかるもの

注文住宅というのは、一から住まいづくりを手掛けていかなければいけないものです。初めは土地探しから探して、建設を依頼する建設会社を探し、予算を見積り、実際に位置から家を作っていかなければいけないものです。注文住宅のほかには、建売住宅と言うと選択肢もありますよね。建売住宅ならば、家を建てるよりも購入するということになりますから、その分手間をかけずに新しい家に住むことができるという点で、注文住宅よりも優れているようにも思えます。

注文住宅の面白さとは

しかし注文住宅の場合、何より自分の理想的な住まいを構築することができると言うところに大きな強みのようなものがあります。建売住宅の場合、すでに建設済みの住宅を購入するわけですから、物件選びの楽しさは味わえても、家づくりの面白味を得ることはできないものです。たしかに注文住宅の場合、どうしても手間と時間がかかってしまうものです。しかしそれこそが注文住宅の面白味であって、手塩にかけて育てた子供が可愛いように、一から作り上げた住宅だからこそ愛着が湧いたりもするのです。

注文住宅はプロセスを楽しむもの

注文住宅の良いところと言っては、何と言っても家づくりのプロセスを味わうことができるというところです。そのプロセスには、もちろん大変なこともありますでしょう。何度も打ち合わせをしなければいけないですし、長い建設期間の間に多くの問題も生じてくるかもしれません。しかしそうしたプロセスさえも楽しむことができる心を持っている人ならば、注文住宅で家を建てるべきではないでしょうか。注文住宅というのは、家を建てるその過程を楽しむものなのですね。

理想の家を建てることが出来るのが注文住宅です。細部にまでこだわることが出来ますし間取りも好きなようにすることが出来ます。

知って得! 外壁塗装リフォームのタイミング

どうして塗り替えが必要なの?

なぜ、外壁塗装を塗り替えなければいけないのでしょうか。簡単に言うと、清潔さを保つ、紫外線を防止する、外壁自体のダメージ蓄積の防止の3つでしょう。住宅に耐用年数があるように実は、外壁塗装にも耐用年数があります。木造住宅の耐用年数が20年程度なのに対して、外壁塗装の耐用年数は5年から6年と短い期間で寿命を迎えてしまいます。放置したままにすると、紫外線や風雨などによって劣化が激しくなり、雨漏りの原因になったり、最悪の場合住宅自体の構造が脆くなり倒壊の要因にもなりかねません。やっぱり、放置って怖いですね。

外壁塗装のリフォームのタイミングは?

タイミングとしては、耐用年数をむかえる頃がベストですが、その年の天候や環境によって耐用年数以上持ち続けてたり、急速に劣化が進行したりと住宅によって差が生まれます。では、どのようなタイミングでリフォームすればよいでしょう。外壁がモルタルの場合、ひび(クラック)が生じたとき、藻やカビが生えたりしたとき、塗装した部分がところどころはがれ落ちているのが目立ったときなどが、リフォームするにはいいタイミングです。このようなことが起きているのであれば、検討するのが良いでしょう。

リフォームの最適な時期って?

塗装の劣化は、まず外壁の鮮やかさが無くなって変色し始め、次に表面が粉っぽくなり、ひびが入ったりコケが生える、最後には塗装自体剥がれるといった順番に劣化が進行します。早め早めで対処するのが良いですが、費用や施工期間なども考えて、ひびが入ったりコケが生えた段階でリフォームするのが最適でしょう。また、予防策のような話ですが、小さなひびや色褪せぐらいなら個人的な手入れによって劣化の進行を遅らせることができます。リフォームを一気に行うには、外壁の交換や下地処理などで費用がかかります。小さな損傷を見逃さずに手入れすることでリフォーム時の費用を圧縮することができます。やっぱり、家にも手入れは必要ですね。

外壁塗装を千葉で行う際には、利用者からの評判が特に良い業者を選ぶことで、安心して依頼することができます。